読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きてみたい、こんな世界で。

自傷で生きてるおんなのこ。

ぼくは一人だから…。

 

 

 

切りたい。

切りたい。

 

 

どうでも良くなってる、全部。

 

 

病院に通院さえしなければ、

行政とかに繋がらなければ、

 

 

誰も助ける術何てないんだよ。

 

 

寝る時間の都合で親とお風呂一緒に入った。

 

 

言えなかったのか

気づかなかったのか

見て見ぬふりしたのか

分からない。

 

 

自傷の昨日の傷何も言われなかった。

 

 

言われても怒ったかも知れない。

でも少しぐらいは触れて欲しかった。

 

 

もうどうでもいいや。

 

 

大好きな病棟看護師さんが書いた『一人じ

ゃないよ』ってメッセージ眺めながら嘘だよ、一人ぼっちだよって悲しくなった。

 

 

ぼくは一人。

 

 

高校四年間切りたくないよって泣きなが

ら切って止めたいって病院行ったら拘束で。

 

 

どっちも苦しい。

どっちももう経験したくない。

 

 

でもどっちかなら私は前者を選ぶ。

自傷が苦しくてどうしようもないならあと

は死ぬだけ。